毛穴の働き

スポンサードリンク

毛穴は体を外的刺激から守る皮膚の表皮部分に無数存在しています。
中でも、顔の毛穴は最も集中している部分であって約20万箇所あり、
毛穴から排出される汗と共に体から不要な成分や物質が洗い流されていきます。

うまく流されていくコントロール機能を担っている毛穴が、
過剰な皮脂の分泌によって毛穴の黒ずみや毛穴の開き、皮脂過剰分泌による
にきびの大量生成に結びつき、トラブルを引き起こしていきます。

毛穴の働きは主に汗を輩出し、あらゆる外的環境の変化に対応する
役割を担っています。毛穴には三つの種類があり終毛性毛包、軟毛性毛包、
脂腺性毛包という皮脂を作り出す毛穴があります。
脂腺性毛包が私たちの悩みのもとになっている毛穴です。
皮脂毛穴は出入り口が大きいので汚れが溜まりやすく、目立ちやすいという
欠点を持っています。

スポンサードリンク

毛穴皮脂にも大きな役割があり、肌の潤いを保ったり皮脂幕という薄い膜で
肌を覆い、角質から水分を逃がさないようにしています。
また、皮脂によって肌を弱酸性にし空気中の病原菌を繁殖しにくくし、
病原菌から肌を守る働きを持っています。
毛穴には毛が生えている場所ということ以外に皮脂の働きを助ける
穴の役目をしています。皮脂が出てくる場所は毛穴なので、毛穴と皮脂は
大きな関係を保っています。

この毛穴に汚れや角栓がたまり毛穴の黒ずみになっていくのです。
毛穴の黒ずみは様々なトラブルのもとです。しっかりと毛穴ケアしていきましょう。